天恵丸の船長シーサン(SEA-SON)が日々の思いを綴ります。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ベニアコウ!! | main | 自然が好きな仲間たち。その1 >>
突然の来訪者!?
さる
湯河原の山は、猿や猪、鹿、テン、ハクビシン、リス、むささび、フクロウ、オオタカなど意外なほど様々な動物たちが棲息する豊かな自然が残っています。そういった山の中に棲む、本来は野生の生き物たちも、山に食べ物が無い季節には里に出没したりします。彼等にとっては人里は危険が多く、止むに止まれぬ行動なのですが、中でも猿は賢く、里には食べ物がたくさんあるのを知っていていて、わざわざ民家を狙ってやってくることがよくあります。日光などで人から食べ物を掠め盗っていく姿は良く報道されたりしますが、そんな姿は日光だけではなく、ここ湯河原でも見受けらるのです。
我が家は海の近くなので、民家も密集し、猿が来ることは無かったのですが、何日か前にうちのデコポンを食べて行った猿がいました。その味を占めたのか家族連れで再度ご登場です。小猿は好奇心が旺盛で、家の中で見ていた人間に興味を持って窓から覗き込んでいきました(写真)。このあと猿を追い払ったのですが、雄ザルに逆に威嚇されて、負けてしまいました、、、
この雄ザル、威嚇する時に「オラオラ」と言った感じで顎を突き出す仕草をします。この姿、チンピラ(人間)が威嚇する時の「オラオラ」にそっくり!人も猿も仲間なんだと、妙に納得してしまった一瞬でした。
はじめまして・・・
子ザルの顔に魅せられて書き込みしています。
家のガレージにラクーンが迷い込んだことはありますが、やはりおサルは凄いです。

ドングリ一家 | 2010/12/01 11:18
ドングリ一家さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ラクーンとは!どこにお住まいですか?
それと、もしかしたら同級生ではないですか?
シーサン | 2010/12/01 15:47
海のお話、楽しんで読ませてもらいました。
先日、同窓会のあった高校の同窓生です。
今は、海を見るのに8時間以上を車を走らせねばならないところにおります。
ドングリ一家 | 2010/12/19 05:26
COMMENT









Trackback URL
http://tubuyaki.sea-son.info/trackback/892495
TRACKBACK