天恵丸の船長シーサン(SEA-SON)が日々の思いを綴ります。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 魚を釣ること | main | 椎茸栽培 >>
風の呼び方
大波
本当に久々の更新です。いつの間にか冬を感じる様子になって、季節は順調に移り変わっていますね。地球温暖化などと言って不安感を煽っていますが、私はちょっとだけ疑問符。確かに人間の繁殖(繁栄)は地球を覆う癌のように無機質で破壊的ですが、植物や動物の圧倒的な再生力を見ると、不安に思う前にちょっとだけ共存の道を選べば事済むような気がします。写真はずいぶん前の10月、沖合の熱帯低気圧が台風18号に変わったときのもの。思わず発達して予想外の大波となりました。自然は侮れませんよ!
さて、このとき漁師が使う風の名前が話題に上がりました。強風が吹くナライ、イナサはよく聞きますが、その他についてはあまり知りませんでした。そこでちょっと調べてみたら
北…マキタ
北東…キタ
東…マオギ
南東…イナサ
南…ミナミ
南東…ニシミナミ
西…ニシ
西北西…シカマ
北西…ナライ
が、よくある風の名前でしたが、漁師は、場所や地方によって風の名前を数十も使い分ける事があったようです。手漕ぎの小舟で漁をしていた頃には風の向き一つで生死を分けることもあったでしょう。言葉と言うのは生活に密着して発達し、また廃れていくものと実感しました。そして、言葉と共に自然に相対する智恵も失われてしまう気がして、ちょっと寂しくもあり、大いに残念でもありました。
自分は、少しでも肌で自然を感じるために、今日も沖に出ることとしましょう!
みなさんも、たまには沖に出てこの季節の爽やかな風に吹かれてみませんか?

COMMENT









Trackback URL
http://tubuyaki.sea-son.info/trackback/719912
TRACKBACK