天恵丸の船長シーサン(SEA-SON)が日々の思いを綴ります。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 儚い | main | 11/28の釣果 >>
水難訓練
救護
海猿で有名になった海上保安庁。映画の影響は大きくて、そうとうかっこいいイメージがありますね。海は、常に危険と隣り合わせ。ちょっとした油断で大事故になったりします。そんな海の事故は、保安庁だけではなくて、沿岸の海に関係する漁師(漁業従事者)などの協力によって防がれたりしています。今回、湘南の西の水難救護所が新しく福浦に設置されました。その開所式と救難訓練が26日に行われました。もちろん天恵丸の船長も参加、水難救助員に任命されました。
もともと漁師の世界は、水難にあったらお互い様で、救助や捜索などはすべて無料奉仕で行います。山での遭難は、救護に掛かった費用の実費が請求されるらしいですから大違いです。
サーファーやダイバー、プレジャーボートや釣り人などの救助が行われる時も、漁師は無料奉仕なのですよ!時々無茶なことをしている方を見かけますが、自己責任だからいいだろうではなくて、せめて細心の注意を払って海のレジャーを楽しんで頂きたいものです。
COMMENT









Trackback URL
http://tubuyaki.sea-son.info/trackback/427932
TRACKBACK